おがちょのつぶやき日記

トロント日系セブンスデーアドベンチスト教会牧師のブログです。

タグ:幼児教育

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この間、娘の幼稚園でお誕生日会があった。
最初の4枚の写真は、幼稚園のホームページから頂いたものだ。

2月のお誕生日の子は、娘ともう1人の女の子だ。
もう1人の女の子は、同じ月だが1つ年上で、ケーキを前にしての写真では
明らかに身体の大きさが違う。しかし、立つと身長は同じ・・・。
つまり、うちの娘は足が長い~!(親バカでスミマセン)

冗談はともかく、娘は幼稚園で誕生日を迎え、1日お姫様になったのだ。
この日は特別で、誕生日者は皆からチヤホヤされるようだ。

普通は、ケーキを食べて、ゲームをして終わりらしいが、
この日は、年に一回の幼稚園に絵本を寄付する日だったらしく、
娘は家から持っていった(貴重な)韓国語の絵本を読んでもらった。

数日前、妻は担任の先生から、
「愛海の小さいときからの写真を5枚持って来て下さい」と言われ、
ここぞとばかりに、夜遅くまでパソコンからいい写真を選んで印刷し、
大きな紙に貼って、韓国語で説明文を書いていた。

「そこまでしなくていいのに・・」と思っていると、
妻曰く、「普段コミュニケーションが取れない分、肩身の狭い思いしてるんだから、
こんな時こそ愛海のために頑張らなきゃ!」だそうだ。

チングー(友達)たちは愛海のことを、また少し知ってくれただろうか?
伴子、ありがとう! お疲れさま~♪

愛海はチングーからプレゼントを沢山もらってニンマリだった・・・

イメージ 1

3月からの赴任地が決まり、その付近で娘が入れそうな幼稚園を見学してきました。

最終的に妻と相談して決めたのは、日本人学校にある幼稚園でした(学費と経費は高い・・・)。
当初は、韓国の幼稚園に入れようと考えていたけれども、娘が外では一言も
韓国語を話さないという問題(家では弟と韓国語で話しているが・・)、
彼女の性格などを考えた時、「日本人学校がいいかなぁ」との結論に達しました。

知らない方もいると思いますが、韓国は、日本以上に教育熱心な国です(凄まじいぐらい・・・)。
幼い頃から受験競争が始まっていて、大学卒業までの学歴の優劣が、
人生全てに影響を与えていると言っていいほどです。

その良し悪しは別として、その教育熱は、日本など足元にも及びません。
英才教育が悪いとは思いませんが、さすがに小学校から放課後に塾へ4つ、5つほど
通って、帰宅は夜10時など当たり前という状況には閉口してしまいます。
今、娘がいる幼稚園でも、5歳ぐらいなら、塾の3,4つは当たり前だと言われ、
娘も行かせたほうが良いと担任の先生から言われてしまいました。

娘は、日本で「のぞみ幼稚園」というミッション系の幼稚園に通っていました。
茨城県行方市(もと行方郡北浦町)の田舎にある幼稚園です。
詳しくはこちら → http://www2.ocn.ne.jp/~nzm

ここの卒園生は、地元の小学校に入学すると「しつけ」「理解力」「学力」「体力」
全ての面で、他の幼稚園や保育園に行っていた子を圧倒していました。
新一年生を見ていると学年が2つほど違うんじゃないかと思えるほどしっかりした
子供が育っていたように思います。

娘はそこで半年ほど学んだせいか、韓国の幼稚園の同級生が幼かったのか、
彼女曰く「小さい子ばっかり・・・」と、馴染めなかったらしく、
早生まれのくせに、1つ上のクラスに入れてもらっていました。
ですから、ほとんど2つ違いの子供もいたようです。でも、3歳なのに、
身体が5歳児くらいの発育優良児なので、外見的には全く変わらず、
今では女の子では一番大きいくらいで、話さなくても友達は沢山いるようです。

韓国の幼稚園や小・中学校を見ていて一番感ずるところは、「学力」重視だという点です。
そして日本の教育のよい特徴は、「しつけ」がしっかりしているという点だと感じています。
(全部がいいとは思いませんが・・・)

娘が行っていた日本の幼稚園も、学力を重視していましたが、それよりも「健康」「体力」
特に「しつけ」がしっかりしていた事が印象的でした。
またその幼稚園は、キリスト教が色濃く、それが教育理念の柱になっているせいか、
先生方の愛情に育まれ、心豊かに育っていくように感じました。

私は別に「のぞみ幼稚園」の関係者ではありませんが、娘は日本の他の幼稚園に体験的に
入園したりしているのに、1年経った今でも「のぞみ幼稚園に行きたい」とつぶやいています。

ですから、韓国で幼稚園を探している時、妻とため息のように話すのが、
「のぞみ幼稚園みたいな所があれば、どんなに遠くても入れるのにね・・・」だったのも
うなずいてもらえると思います。

ソウルの有名な大学付属の幼稚園や、有名私立幼稚園の園長先生なども、
「私は日本の教育を学んで、しつけなどの教育を取り入れています」との発言が多いようです。
茨城県行方市に住んでいる人で、この幼稚園が近くにある人はラッキーですよ。本当に・・・

何はともあれ、日本の幼稚園の良さと、韓国の幼稚園の良さの両方を
しっかり学んでくれたらなぁと、あと少しで4歳の誕生日を迎える娘を見て思う今日この頃です。

長くなってしまいました・・・

このページのトップヘ