おがちょのつぶやき日記

トロント日系セブンスデーアドベンチスト教会牧師のブログです。

タグ:その他の病気

「チャコールは万能薬!」

宣教師訓練の講習の中で「必ず買いなさい!」と年を押されるのが「チャコール」。
「チャコール」を知らない方のために説明しますと、一言「炭」です。

この炭の粉である「チャコール」は、いろいろ使い道があるわけです。
どこの温泉にも置いてある炭石鹸は有名ですが、今日はチャコールをご存じない方のために
簡単な使用方法と効能をご紹介したいと思います。(ほとんどの人が知っているかも・・・)

チャコールは、中毒時の時の簡単な解毒剤、感染や代謝障害の浄化剤として知られています。
チャコールの粒子には多くの割れ目ゆえに表面積が大きくて、様々な物質、ガス、異物、老廃物、その他の化学物質や薬物などを吸着し、体の浄化器官を強力に助けます。そして全く害がないんですね。

驚異的なチャコールの吸着力についてこんな話があります。
1831年、15gのストリキニーネ(致死的な服用量の10倍)と同量のチャコール - およそ大さじ3杯 - を飲み込んで死を免れるというチャコールの効力のデモンストレーションを、薬剤師 P.F.トゥエリーが、フランス医学アカデミーを前にして行いました。

チャコールは、昔から世界中で治療薬として用いられてきました。
ある報告では、3個以上の毒キノコ(3個が一般に致死量)を食べた人が、16時間過ぎてから手当てを受けました。1人の女性は他の患者たちとは別に、交換輸血と腹膜の透析による手当を受けました。彼女は8日間肝性の昏睡状態になって、帰宅できるまでに3カ月入院しました。しかし、同じ量を食べた彼女の夫は、チャコールを使って血液の濾過をする手当を受け、彼は6日後に元気に退院したのです。

チャコールは、水とタンパク質に溶解したものから有毒物質と結合します。タマゴテングタケを食べてから24時間後でさえもチャコールは効果的に毒素を取り除くことができたそうです。

さて、ここまでは飲み薬としてのチャコールですが、これはシップに塗っても使えます。外傷や打ち身、捻挫にもよくききます。

また、のどの痛みにもよいようです。飲み方が難しいのですが、粉をのどにふりかけ(咳き込まないように!)水で飲みます。他に目に塗ることも教わりましたが(!)、さすがに皆さんはやられないだろうと言うことで書かないことにします。

チャコールはまさに万能です。疑われる方はインターネットで調べて見て下さいね~(笑)
ちなみに我が家の冷蔵庫には、たくさん保存してあります♪

「傷にトウガラシ!?」

私が受けた宣教師訓練の中で「未開地での医療」という項目がありました。これは、通常の医療設備がないアフリカや南米の奥地、アジアの奥地などで働く時に必要な知識となります。
韓国は当然のことながら発展途上国ではないので、ほとんどは市販の医薬品ないし、病院に行けば事が足りるわけです。しかし、多くの人々に忘れられた自然療法が、実は非常に体によいことが分かっているのです。簡単にご紹介します。

◎トウガラシ
漢方薬や、民間療法でもよく使われる材料ですが、実は傷口にもよろしいということはあまり知られていません。勿論、混ぜ物なしの純粋な粉のトウガラシがベストです。

知人のアメリカ人宣教師が、ドイツ製の鋭利なナイフで左人差し指の爪を含めた上部5mmくらいを切り落してしまいました。彼はすぐにその取れた指先をくっつけて、その上にトウガラシの粉をふりかけてガーゼと包帯を巻いてプレッシャーをかけました。しばらくして血が止まり、手が熱くなってきた頃、痛みがなくなったというのです。彼は翌日、遠いところにある病院に行き、傷口を見せたところ「君が何をしたかわからないが、手術して縫ってもこの場合は傷口がぐちゃぐちゃになり、うまくつかないんだ。幸い傷口はくっついている。そのままにしておきなさい。」と消毒だけされて帰ったそうです。

トウガラシには血行をよくする働きがあり、傷口付近の血行がよくなりそれにより、傷口がより早く閉じたということです。また痛み止めの作用もあり、神経間のシナプスに働きかけて痛みを麻痺させる効果があるそうです。ですから、決して痛みが増すということはありません。

実は数日前、自分の手で検証することができました(笑)。朝、妻と話しながら食器を片付けていたところ、台所用品(日本によくあるもので真ん中に刃がついている四角いやつ、キュウリとか人参を薄くスライスする道具)で左薬指上部を深く切ってしまいました。
手首から血が滴り落ちるほど出血していたのですが、「それっ!」と、トウガラシをふりかけティッシュで上からプレッシャーをかけました。すると血はすぐに止まり、先ほどまで半分とれかかっていた指の先っぽは、元の場所に収まっていました。そして、数分で左手が熱くなり、痛みが消えていったのでした。
これで大丈夫と思っていた昨日の登山で、バランスを失い岩に手をついた際、傷口が開いてしまいました(あぁ~、血が・・・)。流れる血を見て、登山中の韓国の方々が「アイゴ~!」と口々に言ってました。
皆さんはトウガラシを使っても、その後病院へ必ず行くことをオススメします♪

このページのトップヘ