おがちょのつぶやき日記

トロント日系セブンスデーアドベンチスト教会牧師のブログです。

カテゴリ: 韓国日記

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

このところ、体調を崩してブログを休んでいました。
もうそろそろ大丈夫ですが、体調のせいかまだ肌の状態がよくないです。

その間に、大阪からダニエルさんというアメリカ人の方が1週間近く、
うちの教会に泊まっていました。もう15年ほど大坂方面に住んでおられて、
日本語がペラペラでした(大阪弁も)。

ダニエルさんは「自給伝道者」で、英語のキリスト教出版物を翻訳・出版して、
それを配りながら伝道しておられます。

よほどの信仰がなければ自給伝道は出来ないと思います。
それも海外ですから、そういう意味で、私にとって本当に尊敬できる方です。

私たちの教会で礼拝説教をしていただきましたが、その中の話で、
アジア諸国を中心に35ヶ国も周り伝道したと聞き、驚かされました。
教会の若者もいい刺激を頂きました。

そんなわけで、土・日の午後は、ダニエルさんが日本へ帰る前に
ソウルの案内をさせてもらいました。もう15回ほど韓国に来られているようですが、
観光では来ていなかったので、行っていない所で、基本的なところを廻りました。

まず本人の希望で、韓国で一番大きい本屋である「教保文庫」(改築オープンしたばかり)、
そして定番の観光名所「インサドン」、食事は韓国定食で、化学調味料を使わず、
韓国産の野菜だけを使っている「チリ山」で、ラストは時々行くサウナつき温泉の
「チンチルバン」でしめました。

ちょっと私の体調が悪く、きつい時もありましたが、
ダニエルさんの普段のご苦労を労うつもりで行かせて頂きました。

あと、普段聞くことの出来ないアジアでのキリスト教の伝道の実態を聞くことができ、
本当に興味深い時間を過ごせました。

いつも日本のために伝道してくださり、ありがとうございます。
ダニエルさん、少しはリラックスできたでしょうか?また来てくださいね~!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ロープウェイから登れるところは、少ししかなかったが、
写真を撮るときは、物凄い突風が吹いてきて、飛ばされそうになった。
近くの人たちも皆しゃがんで、岩陰に隠れ、突風がすぎるのを待っていた。

最後に山を降りる時、友人の牧師に日本の方角を聞いた。
指差された方向を見ながら、海の向こうに少しでも日本が見えないかと探していた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ロープウェイから美しい山々が見えた。 
今日は、中国とタイの団体客が多かった。
タイの人たちは雪など見たことない人が多いのだろう。
山そっちのけで、雪が残っている場所で記念写真をとりまくっていた。

上に着いて、そこから登って行ったら足元に「リス」を見つけた。
こんな過酷な環境でも冬眠して、逞しく生きているんだと思った。

東北地方で被災された方も、この寒さと厳しい状況をを乗り越えて欲しいと願った。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

牧師会の殺人的スケジュールが続いて3日目の午後、自由時間があった。
朝6時半からの集会、1日中続く英語での神学の専門的な講義、多くの会議など、
夜遅くまで続いた中で、やっときた休息のひと時だ。

同じ年の韓国人牧師2人がソラク山へ連れて行ってくれることになった。
車は、日本人教会と同じ地区にある教会の牧師さんが貸してくれた。

ソラク山へは、時間も装備もないので、今回はロープウェイで上った。
さすがに韓国の人々が愛する山だ。

美しいと思った。日本の震災を受けた方々のニュースを見ながら
落ち込んでいた心が、少し慰められたような感じがした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

牧師会が今回使っているホテルが、雪岳山(ソラクさん설악산)の前にある。
ソラク山は、富士山のように一つの山かと思ったら、
江原道にある山並の総称だそうだ。5年近くも韓国に住んでいるのに、
来たのは初めてだ。

このソラク山は、朝鮮半島東部を貫く太白山脈で最も高い部分である。
日本海側の束草市西部に位置し、雪岳山国立公園に指定されている。

雪岳山には花崗岩でできた切り立った峰が連なっているが、
標高1,708mの大青峰(デチョンボン)が最高峰だ。
これは、済州島の漢拏山(ハンラサン標高1,950m)と
小白山脈の南端の智異山(チリサン1,915m)に次ぐ高さだ。

韓国第三の高峰であるが、韓国の人は、特にこの山に思い入れがあるようだ。
「この山は韓国で一番美しい山です」と何人かの韓国人牧師が説明してくれた。

ソラク山は、花崗岩の峰々なのだが、これがいつでも雪が積もったように
白く見えるところから雪岳山の名が付いたと言われるそうだ。

明日の昼食後、「Synaergy」という時間がある。
自然の中を共に歩く時間のようだ。

今日は曇っていたので、明日はきれいな写真がとれればと思う。

あと、私が泊まっている部屋のリビングとベットルームを写してみた。
このベットルーム以外に他に2つの部屋と台所、トイレ、風呂があり、
5人の牧師で泊まっている。

このページのトップヘ