イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

牧師会が今回使っているホテルが、雪岳山(ソラクさん설악산)の前にある。
ソラク山は、富士山のように一つの山かと思ったら、
江原道にある山並の総称だそうだ。5年近くも韓国に住んでいるのに、
来たのは初めてだ。

このソラク山は、朝鮮半島東部を貫く太白山脈で最も高い部分である。
日本海側の束草市西部に位置し、雪岳山国立公園に指定されている。

雪岳山には花崗岩でできた切り立った峰が連なっているが、
標高1,708mの大青峰(デチョンボン)が最高峰だ。
これは、済州島の漢拏山(ハンラサン標高1,950m)と
小白山脈の南端の智異山(チリサン1,915m)に次ぐ高さだ。

韓国第三の高峰であるが、韓国の人は、特にこの山に思い入れがあるようだ。
「この山は韓国で一番美しい山です」と何人かの韓国人牧師が説明してくれた。

ソラク山は、花崗岩の峰々なのだが、これがいつでも雪が積もったように
白く見えるところから雪岳山の名が付いたと言われるそうだ。

明日の昼食後、「Synaergy」という時間がある。
自然の中を共に歩く時間のようだ。

今日は曇っていたので、明日はきれいな写真がとれればと思う。

あと、私が泊まっている部屋のリビングとベットルームを写してみた。
このベットルーム以外に他に2つの部屋と台所、トイレ、風呂があり、
5人の牧師で泊まっている。