イメージ 1

イメージ 2

日曜日から水曜日まで、雪岳山(ソラク山)の麓にあるホテルで、
私の所属する教団の教区牧師会に参加している。

その牧師会には、韓国の牧師が約200人出席している。
いろいろな講義や会議があるのだが、昼食前に特別な祈祷会があった。

日本の状況が発表され、韓国の教区、教団から支援をするということが話された。
そして、200人の牧師がひざまずいて、2,3人に分かれて、日本のために
心を注ぎだして主に祈った。「日本を助けてください!」と。

朝や夜には、牧師たちが日本の地震の様子をテレビで熱心に見ていた。
ある韓国の牧師は、被災地のあまりの惨状に涙を流しながら見ていた。
「心が痛い…」と。

主がこの祈りを聞かれ、一刻も早く被災者の援助と、
被災地の復旧が行われますよう、心から願ってやまない。