「現在の他教派との共通理解」


Q5.SDA教会に対しては、正統的なプロテスタント教会と認める人々とそうでない人々に評価が分かれますが、ルーテル世界連盟のように肯定的な評価がされる理由は何ですか?

A プロテスタントの基本三大原理は、\蚕颪鰺0譴凌仰と行いの規範とする「聖書のみ」、⊃仰によって義とされる「信仰義認」、聖職者と教会員との間に根本的な区別を認めない「万民祭司」です。

 SDA教会には、その信仰内容を簡潔にまとめた「セブンスデー・アドベンチスト教団信仰の大要」という文書がありますが、そこにはプロテスタントの基本三大原理が明確に表明されています。幾つかの点では聖書解釈上の相違点はあるにせよ、SDA教会は聖書とキリストによる救いに対する信仰において、自分たちと同じプロテスタント共通の基本原理に立つクリスチャンであると考える人々が増えているのはそのためです。



Q6.このようにSDA教会の信仰がプロテスタントの基本原理に忠実であるなら、ある人々がSDA教会を正統なキリスト教信仰に基づいていないとみなす理由はどこにありますか?

A SDA教会を同じ正統的なキリスト教信仰に基づくキリストのからだの一部であると考えるクリスチャンも増えています。しかし、主に次の2点が一般のキリスト教会の信仰と異なるが故にその正統性が疑問視されているようです。.札屮鵐好如次Ε▲疋戰鵐船好箸呂修量召猟未螢札屮鵐好如次第七日の土曜日に聖日礼拝をしています。△泙唇貳未縫リスト教の教派の多くが人間の霊魂は生来的に不滅であると信じているのに対して、SDA教会はすべての魂が本性的に死後意識を持って永遠に存在し続けるとは信じていません。
 
 このように第七日安息日をはじめ、条件的不死といった一部のキリスト教会(セブンスデー・バプテスト教会、日本アドベント・キリスト教団)を除き一般にキリスト教会では教えていない教義を信じており、それらが聖書に基づかないと考える人が異端として警戒しています。しかし、その教えが正統的かどうかの決め手は、ひとえに聖書に立脚しているか否かです。先入観や人から聞いたことでなく、果たしてSDAの信仰理解が聖書的かどうかを、今後このブログを読んでくださり、そこに示された聖書の言葉に基づいて検証していただきたいと思います。