イメージ 1

イメージ 2

朝は、娘をソウル日本人学校へ送り出すことで一日が始まる。去年の9月に開校したばかりの学校だ。前の校舎が古くなったために移転・新築したのだが、中は最新の施設と使いやすい設計で、ここで学べる子供たちが羨ましいくらいだ。今は、幼稚部と小学部に子供を通わせているが、4月からはもう一人、幼稚部へ入ることになる。教育費は、薄給の牧師の身には少し厳しい。でも、今日も笑顔で学校に向かっていった娘の顔を見て頑張ろうと思うのだった。

写真は、ソウル日本人学校と、帰りの道にある加陽(カヤン)大橋の上から撮影したもの。見えにくいが、真ん中に見える一番高いビルは、ヨイドの国会議事堂の近くにある「63ビル」だ。渋滞で車が止まったので撮ってみた。