イメージ 1

先週、秋夕(チュソク)明けに、
知り合いの日本人宅でミニコンサートがあった。

奥様がピアノ、お嬢さんがバイオリンを演奏された。
東京の音大で学んでおられるお嬢さんには初めてお会いしたのだが、
奥様とは今回で2度目だ。

私の子供が小さいので、最近コンサートに行く機会がなかったが、
久しぶりに生の演奏を聴くことができて感動した。
お嬢さんのバイオリンは若々しく勢いがあって、聴いていて気持ちがよかった。
でも、やはり奥様のピアノが素晴らしいと感じた。
今年の夏は、ソウルで日本大使館主催のコンサートでも演奏されたそうだ。

ミニコンサートには30人ほどの日本人が来られていたが、
演奏の後は、ちょっとした社交の広場になった。
来られている方々のほとんどは、日本企業のソウル駐在員の奥様方だ。
皆さんと、少しづつでも、お知り合いにならないとなぁ、と
牧師の私は、正直そう思った。

9月19、20日に、小澤征爾の指揮によるウィーン国立オーケストラの演奏があった。
残念ながら時間もお金もない私は行けなかったが、機会があったらぜひ行きたい。

ミニコンサートのピアノとバイオリンを聴いて思い出したことがあった。
カナダにいた時のことである。
私がいた大学に、バイオリニストの「五嶋みどり」さんが演奏に来られた。
でも、ちょうど中間テスト期間中だったので、ほとんどの生徒が来なかったのを覚えている。
五嶋みどり。1982年に11歳でニューヨーク・フィルと共演してデビューしたバイオリンの天才だ。

その頃はまだ10代だったはずだ。
私とそんなに歳が違わなかったのを覚えている。
その時の、彼女は自信に満ち溢れれていたのが印象的だった。

演奏会後に彼女と話をする機会があり、
「このあとカーネギーホールに行きます」との言葉を今でも覚えている。
しかし、それよりも強烈な印象を覚えたのは、
彼女の弾いた「ツィゴイネルワイゼン」だ。

度肝を抜かれた。
バイオリンの演奏は数多く聴いていたはずだが、どれとも全く違った。
テクニックは完璧だった(バイオリンを弾く友人談)。
私の席の近くで、大学のバイオリンの先生が、腕を組んで唸っていた・・・
世界の五嶋みどりのレベルの高さに驚いたのだろう。

その時以来、どんなバイオリンを聴いても、
五嶋みどりさんのバイオリンと比べてしまうのだ。
比べられる方は、大迷惑だろう。

でも、私の中でバイオリニスとは
今でも五嶋みどりさんだ。

彼女にも辛い時期があったと聞く。
それを乗り越えて円熟の境地に立っているであろう、
いまの彼女の演奏を聴きたいと思う。

彼女のバイオリンの恩師は、若い彼女に、
「音楽だけでなく、色々なことにトライし、心から感動しなさい」と
言ったそうだ。それが彼女の音楽の世界を広げることになるからだ。
だからこそ偉大な音楽家の演奏は、人々に感動を与えるのだろう。

クラッシック音楽は、神を讃えることから始まったと聞く。
偉大な作曲家・音楽家が神を求め、神を発見した感動がそこにはある。

私は牧師として、多くの人の悩みを聴く機会がある。
そこには、世の中に、そして自分自身に縛られて動けない人々がいる。
言い尽くせない痛み、悩み、悲しみ、不安で満ちている。
彼らの心は、恐れに縛られて、動けないでいるのだ。

唯一、彼らの心を解放する音楽があるとすれば、
それは、約2000年前に奏でられた本当の音楽、
イエス・キリストの言葉の旋律ではないだろうか。

『真理は、あなたがたに自由を得させるであろう。』(ヨハネによる福音書8章32節)

真理とは、あなたを解放し、絶望から希望へ、悲しみから歓喜へと導く、
イエス・キリストの愛の歌声である。

あなたの心は自由だろうか? 本当に?
もし自由でないなら、心に飢え渇きがあり、埋められない心の穴があり、
進むべき道がわからず、生きることに空しさを覚えるならば、
この真理を求めてはどうだろうか?
決して失望はしないはずだ。
そこにあなたの求めているものがあるはずだから。

『イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である・・・」』(ヨハネ14:6)

これを読んでいるあなたが、真理を求め、道を見つけ、命を手にし、
本当の自由を得て欲しいと、心から思う。